女性ならではの視点や心遣いで、
皆様の健康をサポートしていきます

すべての世代の女性がいきいきと健康であり続けるために、丁寧な診察とわかりやすい説明で地域に密着した女性のかかりつけ医を目指します。

院長 浜吉 麻里

子宮・卵巣の病気 - Disease of the uterus -

 

子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫など、

病気の診断やその後のフォローを行います。


子宮筋腫

子宮にできる筋肉のコブです。
筋腫は女性ホルモンのエストロゲンの影響で大きくなり、閉経後には小さくなる傾向があります。
筋腫の大きさや場所により、無症状のものから過多月経や生理痛を起こすものなどさまざまです。
筋腫のできる場所によっては不妊の原因になることもあります。

子宮内膜症

本来は子宮の内側にしかないはずの子宮内膜が、何らかの原因でそれ以外の場所にできる病気です。
発生しやすい場所のひとつが卵巣で、「卵巣チョコレートのう胞」といわれています。
子宮内膜症の代表的な症状は、ひどい生理痛です。
不妊も代表的な症状のひとつです。


©COPY LIGHT HAMAYOSHI LADIES CLINIC. AllRight Reserved.