女性ならではの視点や心遣いで、
皆様の健康をサポートしていきます

すべての世代の女性がいきいきと健康であり続けるために、丁寧な診察とわかりやすい説明で地域に密着した女性のかかりつけ医を目指します。

院長 浜吉 麻里

2016年

3月

08日

更年期・老年期相談 - Menopause consultation -

女性にとって産婦人科は一生かかわりのあるところです。

お気軽にご相談ください。

「出産を終えたから」「閉経したから」もう産婦人科は関係ないとういことはありません。
どの世代にも、その世代に応じた悩みや体の不調があります。
当院では女性の一生をサポートし続けたいと考えております。


更年期相談

女性は40歳を過ぎたころから、卵巣機能は徐々に低下し始め、やがて閉経を迎えます。
この閉経を挟んだ前後10年間を「更年期」といい、おおむね45歳~55歳を更年期と呼んでいます。
女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少し、体の中のホルモンバランスが乱れると、自律神経の調節が乱れて、ほてり、のぼせ、冷えなど体にさまざまな不調が現れます。これらの不調を「更年期障害」といいます。
他にも、めまい、むくみ、頭痛、肩こり、不眠、疲労倦怠感、憂うつ、不安などさまざまな症状があります。
そのすべてを更年期によるものと決めつけてしまいがちですが、中には実は別の病気だったということもありますので、からだや心の不調を感じたらまずはご相談ください。

老年期相談

エストロゲンの分泌が終わり、卵巣機能が完全に停止し、様々な更年期の不調も徐々に安定します。
日本人女性の平均寿命は86歳といわれていますから、およそ30年に及ぶ期間が老年期です。
エストロゲンが分泌されなくなると、骨粗鬆症、動脈硬化などそれまで女性には縁遠かったような病気にかかりやすくなります。
また、腟の乾燥による萎縮性腟炎や、骨盤臓器脱(子宮脱、子宮下垂など)もしばしばみられます。
閉経以降であっても、何か気になることがあれば、ためらわずにご来院ください。


©COPY LIGHT HAMAYOSHI LADIES CLINIC. AllRight Reserved.